M&A Column

M&Aは究極の即戦力採用につながる

Marketing segmentation and leader

ファーストリテイリングは、自社のホームページでM&Aの目的を大きく2つ掲げている。
1つは、過去にセオリー、コントワ―・デ・コトニエ、J Brandsなどグローバルブランドを買収したように事業ポートフォリオを強化すること、
そしてもう1つは、海外や新しい市場でユニクロのビジネスのプラットフォームを獲得し、同時に優れた経営人材を獲得することだ。

M&Aは、シェアを拡大しノウハウを買うなど事業メリットが注目されがちだが、優秀な人材獲得につながる要素も持ち合わせている。優れた人材を獲得する方法は、中途採用やヘッドハンティングといった手法だけではないのだ。

去る人材、残る人材で処遇を決定

人材採用を目的としたM&Aを行ったケースでは、すべての従業員の雇用を保証する場合もあれば、去る者と残る者で処遇がわかれる場合もある。業務の合理化を理由に、合併時や合併作業後に去る人材、合併後も活躍を期待され残る人材などで処遇が決定されることになる。合併後の人材活用は組織の活性化にもつながるため、人材の処遇の決定はM&Aでとても重要なポイントとなる。

重要な社員の離職リスク対策

また、組織が変わって業務へのモチベーションが下がって転職したり、独立する絶好のタイミングとして捉えられたりなど、優秀な人材の流出を防ぐ対策も必要だ。
引き止めの方法として、リテンション・ボーナスと呼ばれる一定期間勤務するなどの要件を満たせば報酬を支給することで残留を促し、有能な人材の流出を防ぐ対策もある。

人材を確保する経営課題に向けたM&A

実際に、ファッション業界で優秀な人材を獲得したM&Aで、クロスカンパニー(現ストライプインターナショナル)が、宅配クリーニングのバスケットを買収した事例がある。

後日、株式会社ストライプインターナショナル代表取締役社長の石川康晴氏は対談で、「当時CTOの獲得に向けて動いていたが、ファッションとテクノロジーに強いバランスのとれた人材がおらず、ファッション好きなエンジニアを探していた。そこで目を向けたが、ファッションEC会社を立ち上げた経験があるバスケットの創業者の松村映子氏だった。バスケットを買収し、松村映子氏をCTOとして迎え入れたことでITの人材を管理・調達できる人材を獲得することができた」と語っている。(引用元:https://theflag.jp/article/80691

*石川 康晴氏
株式会社ストライプインターナショナル代表取締役社長
*松村 映子氏
バスケット株式会社 創業者 兼 代表取締役社長
株式会社ストライプインターナショナル取締役CTO 兼 Web&Technology本部本部長

M&Aは、事業を吸収合併するのみならず、事業を担う人材を採用する機会となる。重要な社員の引き止めや、活躍を促す環境を準備するなどの配慮が必要だが、企業としては成長分野での活躍が期待される中核人材を確保することができる。

究極の即戦力採用になるM&A戦略に、今後注目してみてはいかがだろうか。

img-staff-ikematsu

Takashi IKEMATSU

アメリカ留学時代,古着屋のディーラーを経験。 国内の紹介会社を経て、2008年にエーバルーンコンサルティングを設立。 主にエグゼクティブのサーチやM&A案件を担当。

Recent Posts