Masato ISONO

骨髄バンク ドナー体験!

Posted by
Masato ISONO

大阪オフィスの五十野です。
今回はちょっと変わった話題についてご紹介します。それは「骨髄提供」。白血病などの病気の患者さんに、骨髄(新しい血液を造る組織)を提供するというものです。去年、骨髄を提供するという貴重な体験をしたのでお話します。

ファッション業界からは遠いように感じる話題かもしれませんが、様々なブランドがピンクリボンキャンペーンを開催していることなどからもわかるように、これから時代がすすむにつれどんどんファッション業界は今起きている様々な問題をセレブリティともタイアップしたりしながら発信し、いろんな層の人々の理解を繋げていくことも重要なとりくみの一つになってきています。

5b91addd216035c742f4832ea14f9bc0_s

私がドナー登録をした当時はそこまで深く意識したわけではなく、自然にという感じでしたが、実際にドナーとして提供しながら、命を繋げるために骨髄を必要としている人たちがいるということを深く知ることができたので、これを機に皆様に伝えさせてもらいます。

登録をしたのはかなり昔で、献血をしに行った時に書類を渡され、骨髄バンクの登録という項目があったのでチェックを入れまして、数年経って忘れかけたころ、白血球の型がマッチングしたということで連絡があり、数回の検査を経て骨髄提供、からの移植に至りました。白血球の型は血液型とはまた違っていて、血縁者ではない人と型がマッチするのは奇跡的な確率です!さらに詳しい骨髄バンクの情報は、こちらからどうぞ。

移植してからも必ずしも患者さんが治るわけではないようですが、少なくともマッチするドナーが見つかるというのは、患者さんにとってとても大きな希望となるそうです。

提供方法やリスクなど事前に入念な説明を受け、その都度意思確認を受けるので、ちょっとでも不安に感じたらいつでも辞退することができます。私もこのブログで登録を無理におすすめするつもりは全くありません。

移植するにあたり、患者さんやそのご家族から手紙を受け取り、誰かの助けになっていることを強く実感しました。普段はコンサルタントとして人と人を繋げる手助けをしていますが、こんな形で人の役に立つこともできるのだという発見がありました。人の助けになる様々な選択肢の一つとして骨髄ドナーの登録についてもこの機会に、ぜひ考えてみてください。

img-staff-isono

Masato ISONO

外資系ラグジュアリーブランドにて、マネージメント職を経験。 エーバルーンコンサルティングでは過去のネットワーク活かし全国のショップ系求人を担当。