Tomoko MIYASHITA

朝活

shisetu_yoyogi_9
画像はHOT STUDIO SANCTUARYよりお借りしました


皆さんは朝活をしていますか?
朝活という言葉自体、私は2、3年前に流行りだした言葉だと思っていましたが2008年頃からの流行語だそうです。日の出と共に起き、活動する時間帯は人間にとって集中力が一番高いとの事です。以前から、私は思い立ったら朝活としてランニングをしていました。夏の昼間は、命の危険がある位暑いので、朝走るのは丁度良い気温で気持ちよい環境です。ですが、冬の時期になると寒くてなかなか体が温まらず、むしろケガをしそうだったので夏限定の朝活でした。

そして、今年(2016年)冬の朝活を新しくスタートしました!
溶岩ホットヨガ!溶岩を床一面に敷き詰めたスタジオでのヨガです。通常のホットヨガは温風でスタジオ内を温めていますが、溶岩ホットヨガは床から溶岩を通じてじんわりと、体を温める事で息苦しくなく、気持ちよく汗をかくことができます。スタジオ内は温度38℃・湿度70%に保たれており心地よい空間でヨガのポーズをとっていきます。

朝ヨガは45分間のレッスンです。
ゆったりとした呼吸と、柔らかいヨガの動きでエネルギーを活性化するヨガです。エネルギーの通り道である背骨をしっかりほぐし、姿勢と全身の流れが良くなります。無理な動きはなく、呼吸と動かす箇所を意識して、ゆっくりと身も心も目覚めていくような感覚になります。朝から沢山の水を飲み・汗をかき、レッスン終了後は悪いものやお酒がすっかり消え、洗浄された感じです()

 朝のホットヨガ、試す価値ありです!

img-staff-miyashita

Tomoko MIYASHITA

1997年から人材ビジネスに従事。 外資系ハイクラス及び日本国内全職種サーチを担当しています。 面談の際は、リラックスしてお話しして頂けるよう心掛けています。何でもご相談下さいませ!

私が8年程続けているジャイロトニックの紹介!

ジャイロトニックとは、元バレーダンサーが考案したエクササイズです。考案者自身の怪我や故障を克服する事と、ダンサーの為の身体能力の向上を意識して様々なボディワークを探究した結果、ダンサーの為のヨガとしてフロアーエクササイズのジャイロキネシスが考案。その動きをベースに専用の木製マシンが開発されてジャイロトニックができました。 1  私が通っているStudio Naturalfrow

どんなエクササイズ?
ヨガ・太極拳・ダンス・水泳のセンスをひとつにし、流れるような動きを専用の木製マシンを活用して行うのがジャイロトニックのエクササイズ。体力や筋力が運動によって、消耗させられる従来のフィットネストレーニングとは違い、全身をくまなく動かし続ける運動パターンによって、全身がマッサージされ回復方向へ。ドイツでは、医療機関と提携しリハビリの一環として取り入れているそうです。

トレーニングのコツは?
トレーニングは、背骨本来の機能にフォーカスした、しなやかな動きを取り入れて、呼吸との調和とリズムを大切にします。どのエクササイズも上半身と下半身の両方を使う全身運動となり、関節に優しく、それでいてカラダの芯から隅々まで動かすことを意識。手足を動かすのではなく、体のコアでマシンを動かし手足はあとからついてくるような動きをすることによって無理なく活性化され、内側と外側の両方に対して質の良いマッサージ効果を得られます。

23画像はStudio Naturalfrowよりお借りしました。

 ジャイロトニックの効果
※マシンに装備された滑車の働きや負荷設定によって、関節にかかる負担を最小限に抑えつつ、普段動かさない筋肉の働きを自然に促すので、より効果的に無理なく結果が感じられる。
※深部及び表層部の筋肉の強化とストレッチングの両方が同時に得られる。
※しなやかな動きと呼吸によって、女性であればムキムキの筋肉ではなく女性らしい筋肉をつけることができる。
※トレーナーがその日の体調に合わせメニューを考えガイドをするので、年齢や性別に関係なく楽しんで行える全身運動。

是非、皆さんにチャレンジ頂きたいエクササイズです!

img-staff-miyashita

Tomoko MIYASHITA

1997年から人材ビジネスに従事。 外資系ハイクラス及び日本国内全職種サーチを担当しています。 面談の際は、リラックスしてお話しして頂けるよう心掛けています。何でもご相談下さいませ!