Staff Column

四季を味わえる街、仙台

Posted by
Mari TSURUTO

景色⑤
「杜の都、仙台」と呼ばれる自然豊かな街、仙台。
生まれも育ちも仙台の私から、「癒し」をテーマにおススメスポットを紹介させていただきます。

「春」東北随一の広大な公園に10万株の花々が咲き誇る、国営みちのく杜の湖畔公園
仙台駅前からバスに乗ること約1時間。決してアクセスが良いとは言えませんが、一面季節の花々に囲まれたこの場所に来るとようやく長い冬も終わり春が来たなと感じられ、毎春訪れる定番スポットの一つ。
みちのく湖畔公園①
アクティビティもバラエティに富んでおり、お野菜収穫や田植え体験、ボートや併設されているコテージ付きのキャンプ場でBBQなども楽しむことが出来ます。毎年4月末にはここ数年で認知度も高まっているARABAKI ROCK FEST.も開催されるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

「夏」日本の滝百選に選ばれた国の名勝、秋保大滝
55mの高さから轟音を立てて流れ落ちるその様は迫力満点!
秋保大滝②
マイナスイオン溢れる空気に癒されるだけでなく、飛んでくる水しぶきと風圧は真夏の暑さを忘れさせてくれます。夏バテ中にはそそられないかもしれませんが、大滝近くの「主婦の店 さいち」で売られている手作りおはぎは全国からその味を求めやってくるほどファンが多く、土日には1日1万個も売れるとか。秋保のちょっとした名物です!この機会に召し上がってみてはいかがですか?

「秋」行楽の秋、食欲の秋、欲張りに楽しめる定義山
縁結び・子宝・安産にご利益があると人気の定義如来西芳寺は、真っ赤に色づく紅葉を見ながら散策も楽しめます。そしてなんといっても定義山と言えばコレ!定義とうふ店の「三角油揚げ」
油揚げ③
定義山をイメージした三角定規の形をしているこちら、大きさといい肉厚さといいボリューム満点、食べ応えのある一品です。油揚げの概念が覆されるほど、外はカリッと、中はジューシーな揚げたて油揚げ、行列覚悟で是非トライされることをおススメいたします!

「冬」ケヤキ160本が星の輝きで彩られる冬の風物詩、SENDAI光のページェント
光のページェント④
仙台駅から徒歩10分程の定禅寺通りで毎年12月に恒例となっているこのイルミネーション。都内ではブルーやホワイトのクールなイルミネーションも増えていますが、この暖色の揺らめく幻想的な光のトンネルを通ると、ああ、仙台に帰ってきたなあと実感します。62万球の電球の中にはたったひとつだけピンクの電球があり、見つけた人には幸せが訪れるともいうジンクスも。62万分の1を探してみてはいかがでしょうか。

多くの顔を持つ自慢のふるさと
東北きっての大都市でありながら、街には自然溢れ、今回紹介しきれなかった美味しい食べ物もたくさんあります。四季に合わせそれぞれの個性を持って私たちを楽しませてくれる仙台、次のご旅行先の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

img-staff-tsuruto

Mari TSURUTO

大学卒業と同時に仙台から上京し、新卒で外資系イタリアブランドを経て、エーバルーンに入社。 エーバルーンでは国内全般のサーチを担当しています。 同業経験者で共通点もあるかと思いますので、是非お気軽にご相談ください。

Recent Posts