Staff Column

メットガラ ドレスをまとった美術館

Posted by
A Balloon PR

metgala

NYメトロポリタン美術館を舞台にした華やかな世界最大のファッションイベントの裏側を映した映画、『メットガラ ドレスをまとった美術館』。ドキュメンタリーとは聞いていましたがかなり面白い内容だったので鼻息も荒くご紹介致します!

レッドカーペットの上に映えるリアーナの巨大な卵色のドレスのビジュアルはウェブページなどで目にしたかたも多いであろうこのイベント、裏ではどんなドラマが巻き起こっているのか。主催するメトロポリタン美術館のキュレーター、アンドリュー・ボルトンと美術館の理事で主催者でもあるアナ・ウィンター達をカメラが追い、ライブ感あふれる現場の様子を見ることができます。

ファッションイベントのドキュメンタリー映画と聞いて、イベントの様子を淡々と追いつつきらびやかなドレスを眺めて楽しむみたいな感じかな、と観る前は軽い気持ちだったのですが……、いい意味で裏切られました。むろんファッションというテーマも手伝ってまずはビジュアルの華やかさは圧巻。マックイーンなどのアイコニックなドレスが大画面で次々と映し出されます。それと同時に世界的なイベントを実行に移すまでに重ねなければならない地道な折衝の数々も克明に映されており、ファッションに興味のないかたでも共感できるシーンが盛りだくさん。誰と一緒に観ても、あるいはもちろん一人でも存分に楽しめる内容。

「ファッションはアートか?」という問いもこの映画のテーマのひとつ。イベントにファッションの骨子を与えるのはファッション界の大御所、アナ・ウィンター、アートとしての骨子を与えるのは今回の芸術監督であるウォン・カーウァイ。キュレーターであるアンドリュー・ボルトンは細かい交渉を対外、対内で重ねながら、その二つの主軸をひとつの形にまとめていきます。

アート、ファッションの間に横たわる微妙な関係性がボルトンの苦悩、熱意とともに次々と浮かび上がる様は必見!ファッションは果たしてアートなのか、という問いに対する答えは人それぞれ。異なるものが一つになるか、ならないかでせめぎ合うときに新しいクリエーションが成される。そのプロセスは関わる全ての人を熱狂させるだけのパワーがあるということが伝わってきました。

ゴールデンウィークの予定がまだ決まっていないなら、メットガラ鑑賞、いかがでしょうか?

オフィシャルサイト:http://metgala-movie.com/

img-ab-pr

A Balloon PR

A Balloon のPR担当です。NEWSとレポートをお送りしていきます。

Recent Posts